【解説員のおすすめ】展示物のミカタ「札幌の地下鉄」

解説員のメンバーが科学館の楽しみ方をそれぞれの目線で紹介する「解説員のおすすめ」。解説員の九里

今回の記事は解説員のくりが担当します。

 

 

 

わたしは少しわかりにくい展示物の遊び方をみなさまにお伝えします。

題して、\ 展示物のミカタ!!/

 

 

今回は当館 3 階の 交通・力学コーナーにある展示物「札幌の地下鉄」を紹介します。

 

展示している地下鉄の車両は、2008年8月まで地下鉄東西線を走行していた6000系の実物車両です。

 

札幌の地下鉄

 

 

 

実際に運転席に座り、地下鉄のタイヤを動かすことができますよ。

それでは、運転の仕方を紹介していきます。

まずは席に座り、運転席から見える景色を楽しみましょう。

 

札幌の地下鉄

 

 

景色を堪能したら、手元にある3つのレバーを操作していきます!

 

札幌の地下鉄

 

 

①最初にタイヤの回転レバーを「前」または「後」に入れます。

    前に進みたいなら「前」、後ろに下がりたいなら「後」です。

 

札幌の地下鉄

 

 

 

②次に運転レバーを「運転」の位置まで動かします。

  少し重いので、頑張ってください。

 

札幌の地下鉄

 

 

③最後に、スピードレバーを動かしましょう!すると、タイヤが動き出します!

 

札幌の地下鉄

 

 

車体は動きませんが、目を閉じれば、地下を走る光景が浮かんできますよ。

体験した後は、運転レバーを「0」にして、スピードレバーは「非常」に、タイヤの回転レバーは「切」に戻して次の方に交代しましょう。

 

 

運転席の近くには、他にも面白い仕掛けがあるので、探してみてくださいね。

 

 

札幌の地下鉄

 

ボタンを押すとベルが鳴ったり、たくさんあるスイッチのどれかで、表示が点灯したりもしますよ。

ぜひ、運転手気分を味わってくださいね!

 

 

 

 

札幌の地下鉄 札幌の地下鉄

 

 

 

 

 

 

 

 

(令和4年3月23日)

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


550