【解説員のおすすめ】展示物のミカタ「音で不思議な砂のもようをつくろう!」

解説員のメンバーが科学館の楽しみ方をそれぞれの目線で紹介する「解説員のおすすめ」。解説員の九里

今回の記事は解説員のくりが担当します。

 

 

 

わたしは少しわかりにくい展示物の遊び方をみなさまにお伝えします。

題して、\ 展示物のミカタ!!/

 

 

 

今回は当館2階の音・光・鏡コーナーにある展示物「音がえがく砂もよう」をご紹介します。

「音がえがく砂もよう」全体

 

スイッチを押すと音が鳴り出すこの展示物、どのように遊ぶかご存じですか?

 

まずは、ステージに砂を乗せましょう!

中心に砂を乗せることが多いですが、写真のようにお好みで散らばせて乗せると現象がよりわかりやすくなります。

 

「音がえがく砂もよう」ステージに砂を置いた様子

 

これは科学館によく来てくれているお客様(小学生)に教えてもらいました。

うずまき型に乗せたり、キャラクターを描いてみたりしても面白いですね。

センスが問われます…!(ここがメインではありません)

 

 

準備が出来たら、スイッチオン!!「音がえがく砂もよう」スイッチ

 

音が鳴り、その振動で砂が動き始めます。

右のダイヤルをぐるぐると回すと周波数が変わることで、音の高さが変わります。

砂と対話しながらダイヤルをゆっくり回すことが大事です。

そうすると、あるポイントで砂が小刻みに暴れ出します。

写真ではとても分かりにくいですが、暴れています。

 

「音がえがく砂もよう」砂が揺れている様子

 

そのポイントにダイヤルを合わせて観察していると、砂が少しずつ動いて、もようを作り始めます。

もようができるまではじっと我慢です。

振動でダイヤルが少しづつずれていくので、元のポイントに合わせつつじっと我慢していると…

こんなもようができました!

 

「音がえがく砂もよう」完成した砂模様

 

 

音の振動によって、できたもようをはっきりと見ることができます。

砂が荒ぶるポイントはいくつかあり、ポイントによってできるもようも変わるので、いろいろ試してみてください。

 

 

ほかにも遊び方がよくわからない展示物がありましたら、ぜひ近くにいるスタッフに聞いてみてください!

 

では、また次回お会いしましょう

 

 

(令和3年10月21日)



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


1050