科学館をもっと楽しもう~「鏡コーナー」で写真を撮ろう~

★これは魔法?手品?★

 

二面鏡の写真1 万華鏡の写真1 無限反射の写真1
(1)空中浮遊!? (2)顔がいっぱい! (3)分身の術!

 

 

科学館では、こんなおもしろ写真を撮ることができるんだ。

このページでは、そのヒミツをタネあかしするよ。

 

 

2階展示室の図面

今回の舞台は科学館 2階 展示室の「鏡コーナー」。ここには12点の展示物があるよ。

 

 

★ここで、ちょっとおべんきょう!

  • 鏡は光の反射を利用したものです。人は、目に入ってきた光の方向に、その発生源があるように感じます。物体から出た光の一部が鏡の表面で反射してから目に入ると、その延長上に物体があるように見え、それが鏡の像となるわけです。
  • 平面鏡1枚では、左右が逆の像しか見ることが出来ませんが、何枚かの平面鏡の組み合わせたり、球面鏡や波面鏡を使うと、一度に多くの像や、ゆがんだ像を見ることができるのです。

 

 

 

いろんな形をした鏡に自分の姿を映して、どんな風になるか確かめてみよう!

 

 

二面鏡(にめんきょう)

(1)「空中浮遊!?」のタネあかし

二面鏡の秘密

二面鏡は2枚の平面鏡を直角につなげたものだよ。鏡のはしにある足あとマークの上に立って、体を鏡の面のまん中に合わせてみよう。人の体はほぼ左右対称なので、半分しか体を鏡の方に出していなくても、それが鏡に映り、全身が映っているように見えるんだ。

 

 

万華鏡(まんげきょう)

(2)「顔がいっぱい!」のタネあかし

万華鏡の秘密

万華鏡は3枚の鏡を合わせたものだよ。万華鏡の筒の断面は正三角形でそれぞれの鏡は60度の角度で合わさっているんだ。だから、顔がいっぱいあるように見えるんだよ。

 

 

無限反射(むげんはんしゃ)

(3)「分身の術!」のタネあかし

無限反射の秘密

向かい合った2枚の大きな平面鏡の間に入ってみよう。鏡に映った自分の姿が、ずっと奥の方まで列をつくって並んでいるように見えるのは、自分の体から反射して出ていった光が、さらに2枚の鏡の間で無限に反射をくり返すからなんだよ。

 

★今回は「鏡コーナー」で撮れるおもしろ写真の撮り方を紹介したよ。

どの位置から撮影すればよいか、みなさんも試してみてね!

 

※館内で写真を撮るときは、まわりの人たちの迷惑にならないように気をつけようね!



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


386