【イベントリポート】冬の特別展速報! ブラックサイエンジャーに挑戦しよう

 今回の特別展のテーマは、「カンカクのふしぎを体験しよう。」

 

私たちの「カンカク~感覚~」というものは、自分たちが思っているよりもあいまいで、思い込みに作用されやすく、とても不思議なもの。

 

 会場ではブラックサイエンジャーが皆さんの挑戦を待っています。

 

 

科学クラブの子ども達が特別展を紹介した動画はコチラ

 

 

 

 

まず目に入るのは、何やら不思議な雰囲気が満点な黄色いグルグルが印象的な入り口。

ブラックサイエンジャーから挑戦状を受け取って中に入って見ると…

 

特別展の入り口

挑戦状

 

 

 

楽しい体験ができる装置がいくつもあります。

挑戦状に書かれた謎を解くには、展示エリアにかくされた三つのキーワードが必要です。

触ったり動かしたりしながら、キーワードを探してみましょう。

 

 

全体

 

バランスを取りながら、ボールを穴に落とさないようにゴールへと導く「バランスゲーム」

体全体をうまく使ってバランスをとってみましょう。

 


バランスゲーム

2人で力を合わせてチャレンジ



 

 

 

箱の中身を手のカンカクを頼りに当てる「どきどきブラックボックス」

3種類の箱には、それぞれ違う「物」が入っています。

それを手触りで当ててみましょう。

 


ブラックボックスに手を入れる

ドキドキ…何が入っているかな

ブラックボックスの答え合わせ

わかった人は答え合わせをしてみよう



 

ノイズ音の中からキーワードを聞きとる装置「途切れた音」

まるで暗号のような謎の音声やノイズ音を組み合わせてみると…

 


途切れた音

聞き比べてみるとメッセージがわかるよ



 

 

色々な匂いを嗅いで、その原料を当てる「なんの匂い?」

植物から作られる燃料「バイオコークス」は、その素材によって香りも違います。

どんな材料からできているのか、嗅ぎ比べてみましょう。


なんの匂い?

この匂い、嗅いだ事があるかも!



 

 

 

たくさんの展示物を体験して、キーワードを集めて謎を解くとブラックサイエンジャーに挑戦できる最終エリアに進むことができます。

さぁ、どんな謎が最終エリアにかくされているのでしょうか。

 

 

キーワードを隠したり、勝負を挑んできたりするブラックサイエンジャーは、本当は、子どもたちに身近な不思議をたくさん体験してもらって、「え!なんで?」「どうしてだろう?」と考えてもらいたいと思っています。

よくわからないことをわかろうとすること、これが科学する心の第一歩。

ブラックサイエンジャーがその後押しをしてくれるかもしれません。

ぜひ、ブラックサイエンジャーに会いに来てください。

 

ちなみに、冬休みには、1月だけの限定上映のプラネタリウム番組工作会なども行います。

ぜひ、遊びに来てくださいね。

 

この特別展は1月5日(土曜日)から1月20日(日曜日)まで開催しています。

ぜひ、お越しください。

※イベントの日時など詳しい情報はこちら



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


2287