札幌 2019年11・12月の空

2019年11・12月の星図

 

 

星の明るさ 冬の足音が聞こえてくるこの季節、夜の時間が長くなり星を見るチャンスも増えてきます。5つの星がWの形に並んだカシオペヤ座や、「秋の四辺形」を目印に星座をたどってみましょう。

 東の空からは「冬の大三角」も登場です。おうし座のアルデバランの近くには「すばる」があり、空の条件が良ければ肉眼でも6~7個の星の集まりを見ることができます。

 

 

【星図のように見える時刻】

11月・・・23時ごろ

12月・・・21時ごろ

※ 惑星はこの時間、見ることができません。

 

宇宙ミッションを追え!

【国際宇宙ステーション】

ISSイメージ 国際宇宙ステーション(ISS)は地球の上空約400kmの軌道を回っています。地球の大きさをりんごに例えると、りんごの表面から4mmの高さをISSが飛んでいます。「宇宙」といいながら意外と近いですね。地上とは異なり重力の影響がほとんどない環境を活かして、いろいろな研究がされています。

 現在は6人の宇宙飛行士が常に滞在しており、これまでの滞在者の中には日本人宇宙飛行士も7人います。2019年末からは野口聡一宇宙飛行士が滞在予定です。

 

 

星座のおはなし

【うお座のおはなし】うお座の探し方

 2匹の魚の正体は、美と愛の女神アフロディテとその子どもエロス。ある日、川岸を散歩中の2人に怪物が襲いかかります。魚に変身して皮に飛び込み命拾いした2人は、はぐれないように尻尾をリボンで結んだとされています。

 

【みつけかた】

 まずは4つの星で形作る秋の四辺形を見つけましょう。うお座は、秋の四辺形を挟むように「く」の字の星並びをたどっていくと見つけることができます。さくらんぼの形に似ていますね。

 

 11月・・・21時ごろ 南の空

 12月・・・21時ごろ 南西の空

 

部分日食を見よう!

2019,12,26の日食イメージ

 2019年12月26日の夕方には部分日食が起こります。14時30分ごろから始まり、最も欠けるのは15時30分ごろです。欠けながら沈んでいく低い位置での日食なので、西の空がよく開けた場所がおすすめです。

 今回、日本では部分日食ですが、シンガポールやグアムなどの地域では金環日食になります。年末に旅行に行く方はチャンスですね!観察するときは、直接見ると目を傷めてしまうので日食グラスを使いましょう。

 

 

2019年12月26日 札幌での日食のイメージ(ステラナビゲータ10/(株)アストロアーツ)

 

 

「星空散歩」ダウンロード

「星空散歩」のダウンロードページはこちら



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


431