札幌 2019年7・8月の空

2019年7・8月の星図

 

 

星の明るさ 今年の夏は惑星が見ごろです。空の低いところに明るい木星、続いて土星が昇って来ます。望遠鏡を使うと土星の環や木星のしま模様も確かめることができますよ。

 木星の近くには、さそり座のアンタレスも赤く輝いています。南の空がひらけた場所で探してみてくださいね。空高くを見上げると、ベガ・デネブ・アルタイルを結んでできる夏の大三角も見つかります。

 

 

【星図のように見える時刻】

7月・・・23時ごろ

8月・・・21時ごろ

※ 惑星の位置は変化するため、8月1日の位置を示しています。

 

宇宙ミッションを追え!

【木星探査機「ジュノー」】

 ジュノーは現在、木星の周りを回りながら探査を続けています。目的は木星の磁場や組成を調べ、その生い立ちを明らかにすることです。地球よりも太陽から遠い木星で活動するジュノーには、3つの大きな太陽電池パネルがついています。

 右下の写真はジュノーが撮影した木星の姿。遠くからはしま模様に見えますが、近づくと複雑な模様をしていますね!2019年の木星は春から夏にかけて南の空で見つけられます。望遠鏡を使うとしま模様も見られますよ!

木星とジュノー

 

 

星座のおはなし

【いて座のおはなし】

 いて座のモデルとなった「ケイロン」は、上半身が人間で下半身が馬の姿をしたケンタウロス族の男性です。ケンタウロス族は野蛮な一族でしたが、賢く心の優しいケイロンは多くの人に慕われていました。ギリシャ神話の英雄たちの中には、ケイロンの弟子もたくさん存在しています。

 

【みつけかた】2019年のいて座

 南の方角の低いところに見える「南斗六星」という北斗七星によく似た形の星並びがいて座の目印です。さそり座のアンタレスや今年は土星や木星などの明るい星もいて座のまわりに見えています。

 

 7・8月・・・21時ごろ 南の空

 

七夕物語

七夕のサイエンジャー 七夕物語は夏の大三角を形作る星と関係があります。こと座のベガが「織姫」、わし座のアルタイルが「彦星」です。2人は結婚してから、毎日遊んで暮らしていました。2人が仕事をしなくなったことに怒った天帝は2人を天の川の両岸に引き離し、まじめに働くのなら、年に1度7月7日の夜に再開できると約束しました。夏の夜空では天の川をはさんで2つの星が輝いています。

 

「星空散歩」ダウンロード

「星空散歩」のダウンロードページはこちら



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


2251