札幌 2019年1・2月の空

2019年1・2月の星図

 

 

星の明るさ 冬は明るい星が多く、1年で最も夜空が美しい季節です。まずは、南の空に並んだ3つの星とそれらをはさむ赤い星ベテルギウス、青白い星リゲルを目印にオリオン座を見つけましょう。

 ベテルギウスとおおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンを結ぶと「冬の大三角」を作ることができます。さらに、冬の夜空に輝く6つの1等星をつないで「冬のダイヤモンド」を探してみましょう。

 

【星図のように見える時刻】

1月・・・23時ごろ

2月・・・21時ごろ

※ 惑星の位置は変化するため、2月1日の位置を示しています。

 

太陽系のなかま

【今月のテーマ:太陽】太陽

 太陽は私たちの生活に最も身近な天体です。自分で光り輝く太陽は、夜空の多くの星と同じ「恒星」という種類の星です。中心部では核融合反応が行われ、その温度は約1500万℃にもなります。

 外側を取り巻くガスは「コロナ」、大きく吹き出したガスは「プロミネンス」といいます。

 2019年1月6日(日曜日)の午前中には部分日食が起こります。午前8時45分ごろから欠け始め、11時45分ごろに丸い姿に戻ります。

部分日食の様子

 

 

 

太陽の光はとても強いので、直接見ないように気をつけましょう!

 

 

(2012年の日食の様子)

 

 

星座のおはなし

ぎょしゃ座の探し方【ぎょしゃ座のおはなし】

 ぎょしゃ(御者)とは、馬車に乗って馬をあやつる人のことです。ぎょしゃ座は、アテネの王となったエリクトニウスがモデルと言われています。

 エリクトニウスは生まれつき足が不自由でしたが、自由に動き回ることができるように馬車を発明しました。その馬車で真っ先に敵陣に飛び込み大活躍したことから、その功績を称えてぎょしゃ座として星空へ上げられました。

 

 

 

 

【みつけかた】

 南の空の少し高い所にある「冬のダイヤモンド」から探していきましょう。冬のダイヤモンドの中で特に空高くにあり、黄色っぽい輝きの星が1等星のカペラです。カペラから近くの星を結んでできる、将棋の駒のような五角形をしているのがぎょしゃ座です。

1月・・・21時ごろ 南東の空

2月・・・21時ごろ 南西の空

 

 

 

「星空散歩」ダウンロード

「星空散歩」のダウンロードページはこちら



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


1135