札幌 2016年3・4月の空

3・4月の空HP用

 

少しずつ暖かくなるこの季節、春星座の星が東の空から昇ってきます。

 

スプーンのような星並びの北斗七星から星をたどって、探してみましょう!スプーンの持ち手のカーブに沿って線を伸ばしていくと、明るく輝く星を2つ見つけることができます。

 

オレンジ色に輝いて見える星がうしかい座の一等星”アークトゥルス”、さらに伸ばしたところで青白く輝いて見える星が、おとめ座の一等星“スピカ”です。

 

北斗七星からアークトゥルスを通り、スピカへと伸ばした線は”春の大曲線”と呼ばれています。

このアークトゥルススピカと、しし座の2等星”デネボラ”を結ぶと大きな三角形ができます。この星並びは“春の大三角”と呼ばれています。

 

また、春の大三角の西側には””マークを左右裏返したような星並びがあり、“ししの大鎌”と呼ばれています。

今年は、ししの大鎌デネボラの間に木星を見つけることができます。

 

月と惑星のあんない

月と惑星のあんない3月

月と惑星のあんない4月号

この時季、夜になると明るく輝く木星を見ることができます。

 

また、夜中から明け方にかけて、火星土星も空低い所で見ることができるでしょう。

 

月と惑星が近くに寄り添うのは3月上旬と下旬4月は中旬から下旬頃になります。

少しだけ夜更かしをすると、月と惑星の共演を楽しむことができそうですね 。

 

春分って?

 

春分図

 

春分」という言葉を、聞いたことはあるでしょうか。

地球は太陽の周りを1年間かけて1周しており、地球から見える太陽の通り道を「黄道(こうどう)」といいます。 また、地球の赤道を天まで延長したものを「天の赤道」といいます。

 「黄道」と「天の赤道」は、お互いが傾いているため2点で交わり、その交点のひとつが「春分」です。

 

天文学的には、太陽が「春分点」の上を通過する瞬間が「春分」と定義され、「春分」を含む日のことを「春分の日」と呼びます。今年の「春分」は、日本時間の3月20日午後1時29分48秒です。春分名称

 

 

 

「星空散歩」ダウンロード

「星空散歩」のダウンロードページはこちら



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


133