札幌 2015年9・10月の星空

星図9・10月等星図のようにみえる時刻


9/1   午後11時ごろ


10/1 午後9時ごろ


 


 夏の暑さも一段落し、過ごしやすいこの季節は、星を見て楽しむのに丁度よいでしょう。この時季の空では、夏を代表する「夏の大三角ベガデネブアルタイル」が西の空高い場所で明るく輝いています。


 一方、秋の星たちは夏の星々よりも暗いものが多く、物静かなイメージを感じさせます。秋の夜空の目印は、四角形の星並びで、「秋の四辺形」といいます。星座の名前をとって「ペガススの四辺形」と呼ぶこともあります。南東の空高い場所を見上げると、横長の長方形をつなぐことができるでしょう。


 秋の四辺形の東側には古代エチオピア姫の姿「アンドロメダ座」があり、その星座の中には、おとなりの銀河「アンドロメダ銀河(M31)」があります。おとなりとはいえ、光の速さで230万年もかかってしまうほどの遠い距離。街明かりの少ない場所であれば、肉眼でもぼんやりした姿を確認することができます


月と惑星のあんない


    月と惑星のあんない10月     月と惑星のあんない9月


 この時季、夜明け前の空は惑星たちでにぎわっています。東の空では、明るく輝く金星をはじめ、火星木星を見つけることができます。


 が下弦の頃になると、惑星のそばを通り、さらに華やかな空を楽しむことができるでしょう。いつもより少し早起きをして、月と惑星の豪華な共演を眺めてみませんか?


天王星が衝(しょう)に


天王星の位置 太陽系7番目の惑星である天王星は、1781年に発見されました。土星のさらに外側をまわっており、地球と太陽との平均距離(1.5億km)の19倍も離れています。


 現在うお座にある天王星は、10月12日に地球をはさんで太陽の正反対の位置となります(この位置関係を衝(しょう)といいます)。衝の前後は地球に最も近づき明るくなりますが、それでも5.7等と、暗い星空のもとでも肉眼でやっと見える明るさです。事前に正確な場所を確認したうえで、双眼鏡か望遠鏡を使って観測してみましょう。


 


 


 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


1305