札幌 2015年5・6月の星空

星図2


 


図のように見える時刻等星


5/1 午後11時ごろ


6/1 午後9時ごろ


※惑星の位置は変化するため、6月1日の位置を示しています。


 


 すっかり暖かくなり、札幌も春の陽気を感じられるようになってきました。夜空でも春の星座が主役となっています。


 南の空高いところには、オレンジ色の星アークトゥルスが輝きます。札幌から見られる恒星の中では2番目に明るい星であるため、だいたいの場所が分かればすぐに見つけることができます。北斗七星の持ち手のカーブを伸ばして探してみましょう。アークトゥルスを通り過ぎて、さらにカーブを伸ばしていった先には、スピカが青白い光を放っています。アークトゥルスを男の人の星、スピカを女の人の星とし、2つ合わせて「春の夫婦星」と呼ばれています。アークトゥルススピカしし座デネボラを結ぶと春の大三角となります。


 夕方、西の空低空には木星金星、南東の空低空には土星を見つけることができます。空が開けた場所でぜひ見つけてみてください。


 

月と惑星のあんない


月と惑星のあんない2 日が暮れた頃、西の空には木星金星が並びます。日が経つにつれてふたつの惑星は近付いてゆき、6月の終わりには寄り添うようにして輝きます。


 一方その頃、南~南東の空では、今見頃の土星が輝いています。一晩で3つの惑星を楽しむことができるこの機会に、夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。


 


見頃を迎える土星


 この時季、土星さそり座からてんびん座へと移動します。旬の話題 土星明るさはおよそ0等級で、近くにはさそり座の1等星アンタレスを見つけることができます。5月23日(土)に、土星は地球をはさんで太陽の正反対の位置となる衝(しょう)の地点を通過します。この日の午後8時ころには、南東の低空で輝く土星が目に入ってきます。その後、午後11時半に南中して日の出まで一晩中見ることができます。衝の前後は、明るく長い時間見ることができるため、絶好の観望機会です。


 




「今月の星空紹介」一覧は、こちら!


 


 


 


 


 


 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


122