札幌 2015年1・2月の星空

札幌2015年1・2月の星空


 


図のように見える時刻


1月1日/午後11時ころ


2月1日/午後9時ころ


 1年の中で最も寒さが厳しくなるこの時季の空は、冬の星座たちが主役となります。南の空には、冬を代表する星座オリオン座を見ることができます。一列に並ぶ三ツ星を囲うように4つの明るい星が位置しており、砂時計に似ているその星並びは街の中でも見つけることができます。


 また、オリオン座ベテルギウスおおいぬ座シリウスこいぬ座プロキオンを結んでできる大きな三角形の星並びは、冬の大三角と呼ばれます。


 冬の大三角の上に目を移すと、明るい星が2つ輝いているのが分かるでしょう。これらはふたご座カストルポルックス。それぞれふたごの頭に位置している星です。また、東の空に目を向けると、春の星座であるかに座しし座の間に、ひときわ輝く木星を見ることができます。


 冬は明るい星がたくさん見られる時季です。暖かい服装で星空散歩にでかけましょう。


 


月と惑星のあんない


月と惑星のあんない


 ちょうど見ごろを迎えている惑星は、木星です。ほぼ一晩中見ることができます。 さらに明け方には、南東~南の空に土星も見ることができます。今年のこの時季は、てんびん座さそり座に位置しています。0等級の明るさで輝いていますが、低空のためを目印に探してみるのもいいのではないでしょうか。


 


2015年天文現象


皆既月食2014年10月8日  4月4日(土)皆既月食が注目されます。昨年10月の皆既月食と比べると皆既食の時間は短いですが、欠け始めから終わりまで全て見られる条件の良い月食です。<月の出17:52、部分月食始まり19:15、皆既月食20:54~21:06、部分月食終わり22:45>


 また、12月15日(火)午前3時ごろにピークを迎えるふたご座流星群は、月明かりの影響もなく14日の日没から15日の夜明けにかけて一晩中多くの流星を見ることができそうです。


 1月4日
 しぶんぎ座流星群 極大 (極大1月4日11時 条件 最悪、HR=20)
 3月20日

 ヨーロッパで皆既日食  ※札幌では見られない

 4月4日

 皆既月食(時刻は上記参照)

 5月6日
 みずがめ座η(エータ)流星群 極大 (極大5月6日23時 条件 最悪、HR=10)
 8月13日
 ペルセウス座流星群 極大 (極大8月13日15時 条件 最良、HR=60)
 9月13日

 アフリカ南部で部分日食  ※札幌では見られない

 9月28日

 ヨーロッパ・アフリカ・南北アメリカで皆既月食  ※札幌では見られない

 10月22日
 オリオン座流星群 極大 (極大10月22日 条件 良、HR=20)
 11月18日
 しし座流星群 極大 (極大11月18日13時 条件 最良 、HR=15)
 12月15日
 ふたご座流星群 極大 (極大12月15日03時 条件 最良、HR=80)

 ※HR・・・一番多く見られる時の1時間平均出現数(数値は「天文年鑑2015年版」より)


さらに詳しく知りたい方は、「主な天文現象2015年」のページをご覧ください。


 




「今月の星空紹介」一覧は、こちら!


 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


79