どうして音は響くの?

コンクリート壁の大きな体育館などで音を出すと、その音がしばらく残って聞こえます。これは、まわりの壁や天井で反射された音が重なるからで、反響と残響と呼ばれています。

 

残響は、私たちに心地よさを感じさせてくれますが、反響は、音のずれが明らかなため、不快に感じます。

そこで、コンサートホールや劇場では、壁や天井に適当な残響が残る工夫がされています。

 

これに対して、スタジオなどでは音が残響するとよくないので、壁に吸音材を使って音が反射しない工夫をしています。このような部屋を無響室といいます。

吸音材とは、音を吸収してしまう材料のことで、グラスウール、フェルト、石こうボード、有孔板などがあり、それぞれ違った高さの音を吸収します。



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


382