さっぽろ星まつり2019

今年で18回目の「さっぽろ星まつり」。

いろいろな望遠鏡が勢ぞろいの天体観望会や星のお話、クイズラリーなど楽しい企画がいっぱいの星のお祭りです。

チラシ表面

チラシ裏面

 

↑上記チラシをクリックで拡大

 

 

概要

【日時】2019年8月31日(土曜日)、9月1日(日曜日)15時~20時30分

【料金】無料

【場所】サッポロさとらんど交流館(札幌市東区丘珠519-1)

 

☆アクセス☆

バス停「丘珠中学校前」より徒歩15分

・地下鉄東豊線「環状通東駅」より、中央バス[東61番]中沼小学校通 行き に乗車

・地下鉄東豊線「新道東駅」・南北線「北34条駅」より、中央バス[東76番]中沼小学校通 行き に乗車

 

内容詳細

◯さとらんど交流館内

デジタル宇宙旅行(各日6回、各回15分、各回定員40名、要整理券

  宇宙旅行に出かけよう!

   ①15時30分~ ……天の川

   ②16時~   ……惑星

   ③16時30分~ ……星座

   ④17時~   ……天の川

   ⑤17時30分~ ……惑星

   ⑥18時~   ……星座

  ※ 整理券は、当日15時より会場前で配布します。

 

天文クイズラリー(15時~18時)

  星の問題を解きながら館内を回ろう!プレゼントもあるよ!

 

写真展「9.6の夜空」(15時~20時30分)

  あの日、空には満天の星が輝いていました。

  協力:写真展「9.6の夜空」実行委員会

 

星をつないで星座を探そう!(18時~19時)

  星図を作って、実際の夜空で星や星座を探そう!

 

望遠鏡相談コーナー(18時~19時)

  望遠鏡の使い方相談コーナーです。当日は望遠鏡をお持ちください。

 

今日の星空 ~星と農業の意外な関係!?~(18時30分~18時45分、定員40名、要整理券

  今夜見頃の星や、星と農業のおもしろい話を紹介します。

  ※ 整理券は、当日15時より会場前で配布します。

 

わくわく体験コーナー(15時~20時30分)

  -惑星わなげ

    木星や土星などのわなげにチャレンジ!遠くまで届くかな?

  -オリジナル惑星を作ろう

    自由にお絵かきして自分だけの惑星を作ろう!

  -Mitaka操作体験

    国立天文台開発の4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka(ミタカ)」を操作してみよう!

 

星まつり本部(15時~20時30分)

  お困りの際はこちらへお越しください。

  -ミュージアムショップ(~19時)

    科学館の売店がやってくる!星座早見盤などを販売します。

 

◯さとの広場(さとらんど交流館横)

シーズナルスターズ(15時~16時、雨天時は交流館内で実施)

  春夏秋冬の星座カードをそろえて、ゴールを目指そう!

 

ネブラハンター(16時~17時、雨天時は交流館内で実施)

  ネブラ(星雲)狩りに出かけよう!君はネブラハンターになれるか!?

 

ミッション!はやぶさ2(17時~18時、雨天時は交流館内で実施)

  小惑星探査機はやぶさ2になってミッションをクリアしよう!

 

天体写真撮影コーナー(19時~20時30分、定員60名、要整理券、雨天時中止

  スマートフォンを使って惑星を撮影してみましょう。

  ※ 整理券は、当日18時より星まつり本部で配布します。

 

太陽観望会(15時~16時30分、雨天時中止

  太陽望遠鏡を使って太陽を見よう!黒点や模様は見えるかな?

 

天体観望会(19時~20時30分、雨天時中止

  天文愛好家の方々のさまざまな望遠鏡で星を見ることができます。

 

 

【お問い合わせ】

■内容について

札幌市青少年科学館 天文係

〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20

電話:011-892-5004(天文係直通)

 

■会場について

サッポロさとらんど

電話:011-787-0223

 

 

主催:札幌市青少年科学館

  (指定管理者:(公財)札幌市生涯学習振興財団)

共催:サッポロさとらんど

  (指定管理者:さとみらいプロジェクトグループ)

協力:札幌天文同好会、さっぽろ星空ファンクラブ、写真展「9.6の夜空」実行委員会



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


386