ドーム映像制作ワークショップ初級編~ドームって、おもしろい!~

ドーム映像画像

プラネタリウムをはじめとするドーム状のスクリーンで上映することを目的とした「ドーム映像」。

近年のVR技術の発展に伴い、改めて注目を集めています。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)や360°カメラといったデバイスの普及によって、制作も以前に比べ身近なものとなりました。

 

 

今回は、学生やクリエイターが作り手としてドーム映像に触れるきっかけを生み出すことを目的に、札幌市青少年科学館プラネタリウムを利用した「ドーム映像制作ワークショップ」を開催します。

講師を務めるのは札幌市在住のドーム映像作家 馬場ふさこ氏。

全3回を通じて、参加者の皆様にはそれぞれ30秒のドーム映像を制作していただきます。

 

 

初回はプラネタリウムでドーム映像作品の上映を行います。

ドーム映像未体験の方も安心してご参加ください。

第2回・第3回は実際に、Adobe After Effects CCを使用して作品制作に取り組みます。

ワークショップの最後には、参加者皆様の完成作品をプラネタリウム上に実際に投影します。

 

 

ドーム映像に興味がある方、制作を始めてみたい方のご参加をお待ちしております。

 

開催概要

【日程】

  • 第1回 12月15日(土曜日)18時~19時30分
  • 第2回 1月19日(土曜日)14時~17時
  • 第3回 2月16日(土曜日)15時~18時

 

【場所】札幌市青少年科学館  プラネタリウム

 

【講師】馬場 ふさこ

 

【定員】10名程度(申込み多数の場合は選考により参加者を決定します)

※全日程の参加が可能な方、機材の持参が可能な方を優先させていただきます。

 

【参加費】無料

 

【対象】ドーム映像制作の基礎を学びたい高校生以上の方。

※未経験者でも可能ですが、多少映像制作の経験がある方が適していると思われます。

 

【必要な持ち物(第2回・第3回)】

  • ノートパソコン(下記アプリケーションをインストール・動作確認済みのこと)

Adobe After Effects CC

アマテラスプレイヤー&エンコーダー

  ※持参が難しい方は申込時にご連絡ください。

  • 作品の素材となる画像・動画・音声ファイル

 

 

 

申込み方法

札幌市青少年科学館の専用申し込みフォームにてお申し込みください。

 

申し込む

 

【締め切り】12月11日(火曜日)必着

※ 締め切り後、定員に満たない場合は翌日より先着順で電話受け付けいたします。(9時~17時、休館日を除く)

※ 12月14日(金曜日)までに当落結果が届かない場合は、お手数ですが下記までお電話ください。

 

内容

第1回:12月15日(土曜日)18時~19時30分 

  • イントロダクション

ドーム映像体験~作例紹介

制作ワークフロー解説

制作ツール解説

  • 制作着手

企画・構成・アイデアシート記入、個別相談

  • 課題発表

次回持参物の連絡

 

第2回:1月19日(土曜日)14時~17時 

  • 制作着手

制作ソフトウェア・ツール・チュートリアル

実習・個別指導

  • 課題発表

 

第3回:2月16日(土曜日)15時~18時 

  • 制作ブラッシュアップ

チェック・書き出し

  • 成果発表

プレゼン・試写・講評

  • 講師総評

 

 

【お申し込み先・お問い合わせ】

札幌市青少年科学館 天文係

〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20

電話:011-892-5004

 

 

 

【主催】札幌市

※この事業は、「平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業」にて行われております。



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


187