チンパンジーの脳、ゆっくり発達

チンパンジーの赤ちゃんは、精神機能をつかさどる「前頭前野」が、人間と同じように未熟な状態で生まれ、時間をかけて発達することを、京都大学霊長類研究所のチームが突き止めました。

ゆっくりと発達することで、環境に適応した神経回路が作られ、社会性の発達や知識を獲得するとみられています。



→詳しくはこちら『YOMIURI ONLINE』>ニュース>科学をご覧ください。



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 TEL:011-892-5001 FAX:011-894-5445