速報リポート! 夏の特別展「たべものの冒険」

7月22日(土曜日)から、夏の特別展「たべものの冒険~消化!そういうことか~」がスタートしました。

 

今回のテーマは「消化と吸収」。

たべものが口から入っておしりから出てくるまでを、食べ物になった気分でめぐります。

まずは、入り口で魚やご飯の絵がついた探検帽(サンバイザー)をかぶってたべものに変身。

大きな顔が、特別展の入り口です。

さぁ、口から中に入ってみましょう。

 

特別展の入り口の様子

探検帽

 

 

大きな口から入っていくと…

食べものを食べておしりから出るまでを、14の体験ブースと、長さ6メートルの「小腸トンネル」などの10の展示物でたどることができますよ。
実際に触ったり、動かしたりしながら消化器官の役割を学んでみましょう。

 

 

展示物「スーパーかむかむ」

 

小腸トンネル

 

 

ところで。
たべものが胃や十二指腸、小腸をたどって消化・吸収されると、最後には何になるでしょうか。

特別展の終わりに待ち受けているのは……それは来てからのお楽しみです。

 

この特別展は8月20日(日曜日)まで毎日開催しています。
ぜひ、お越しください。

 

(平成29年7月22日~8月20日開催)



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445