札幌 2017年5・6月の空

5・6月の空

等星

とても過ごしやすい初夏の夜、北東の空には七夕伝説で有名な、織姫星彦星があります。織姫星こと座ベガ彦星わし座アルタイルといいます。さらに「銀河鉄道の夜」の北十字としても有名はくちょう座があり、ベガアルタイル、そして、はくちょう座デネブを結ぶと「夏の大三角」をつくることができます。また、南の空にはうしかい座の星アークトゥルスおとめ座の星スピカがあり、2つの星は「春の夫婦星(めおとぼし)」と呼ばれています。

 

 

 

「月と惑星のあんない」

木星・土星と月 5・6

6月上旬、21時30分ごろにを観察してみませんか。1日は、南西の方角に上弦の月(半月)見つかります。3日、4日は、やや丸みをおびた木星に接近し、その近くにはおとめ座の1等星スピカがあります。そして、9日、10日は、満月前後の月が土星に近づきます。土星は6月15日が衝となり、観望の好機です。

 

星座のお話

からす座

【からす座のおはなし】

ギリシャ神話に出てくるからすは、太陽神アポロンの使い。かつては美しい銀色の羽を持ち、言葉を話すこともできました。しかし、ある日ウソの報告をしたのがアポロンにばれてしまいます。

美しい羽は真っ黒になり、言葉も奪われ、さらには空に磔(はりつけ)にされてしまいました。からす座の4つの星は、磔(はりつけ)に使った銀のクギだといわれています。

【みつけかた】

北斗七星からアークトゥルススピカへと続く春の大曲線からす座への道しるべ。カーブをさらに伸ばしていくと、空低いところに4つの星からなる小さな台形の星並びを見つけることができます。

 

5月・・・21時ごろ 南の空

6月・・・21時ごろ 南西の空

 

「星空散歩」ダウンロード

「星空散歩」のダウンロードページはこちら



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445