科学トピックス

人工衛星を見よう!(10月)

人工衛星を見よう!のアイキャッチ画像

地球の周りを回っている人工衛星を地上から見ると、ゆっくりと動く星のように見えます。ぜひ、実際にご自分の目で見てみませんか?
…続きを読む »

部分月食の撮影を行いました(2017年8月8日)

2017年8月8日未明に起こった部分月食の様子を観察しました
…続きを読む »

水星食の撮影を行いました(2017年7月25日)

2017年7月25日に起こった水星食を観測しました
…続きを読む »

北海道大学宇宙情報コーナー を設置しています

北海道大学宇宙情報コーナーを設置しました。宇宙に行ったカメラの模型を展示しています。
…続きを読む »

部分日食の観察を行いました

札幌では時折雲に隠されたものの、2016年3月9日(水)の部分日食を観察することが出来ました。
…続きを読む »

カタリナ彗星(C/2013 US10)を撮影しました。

2016年1月13日(水)小型望遠鏡で、カタリナ彗星(C/2013 US10)を撮影しました。日時:2016年1月13日01時19分~ カメラ:Nikon D810A  ISO6400 30秒×32枚合成 望遠鏡:BOR
…続きを読む »

【3月26日更新】パンスターズ彗星を撮影しました!

2013年3月25日 パンスターズ彗星

2013年3月25日(月)札幌市青少年科学館屋上に設置されている小型望遠鏡で、パンスターズ彗星を撮影しました。新さっぽろは比較的良い天気に恵まれました。
…続きを読む »

2012年8月14日早朝 金星食の撮影を行いました

2012年8月14日金星食出現

■2012年8月14日(火) 早朝に起こった金星食の撮影を行いました。札幌ではあいにくの曇り空で出現時の様子しか見ることができませんでしたが、余市町などでは天候に恵まれ、全過程を見ることができました。
…続きを読む »

【報告】はやぶさ2撮影ならず

12月3日(木)に地球に接近する「はやぶさ2」を撮影する準備をしておりましたが、残念ながら撮影することはできませんでした。 雨が上がらず、残念です。
…続きを読む »

国際宇宙ステーションが月の手前を横切る様子を撮影

札幌市天文台から、ISSの月面通過の様子を撮影しました。動画をご覧下さい。2016年2月18日(木)18時17分30秒頃です。#ISS #国際宇宙ステーション pic.twitter.com/3YndDeI16v— 札幌
…続きを読む »

2012年の日食、月食、金星太陽面通過の画像・動画を公開しています


…続きを読む »

[報告]2012年6月6日 金星太陽面通過の撮影を行いました。

金星太陽面通過の様子を撮影しました。札幌では9時30分頃より雲が厚くなり、やがて雨が降ってきてしまいました。その後天気は回復しないままでした。
…続きを読む »

[報告] 2012年6月4日 月食の撮影を行いました

2012年6月4日 20時3分頃の月。 部分月食最大付近です。
…続きを読む »

[報告]部分日食観望会を開催しました

札幌では快晴の中、部分日食の全過程を楽しむことができました!   中継映像や動画はこちらの Ustream のページでご覧いただけます。     下の写真は、札幌市天文台と部分日食です。 &
…続きを読む »

12月10日 月食

2011年12月10日(土)の月食の写真です。札幌市天文台にて月食観望会を行いました。残念ながら皆既中は曇って雪が降っており、見ることができませんでした。
…続きを読む »

皆既月食:10日夜、全国で観測可能 満月が地球の影に

満月が地球の影にすっぽり入る「皆既月食」が10日夜、全国で観測できる。南の空高く、明るく輝く満月が徐々に欠け始め、「皆既」の状態が約52分間続く。始まりから終わりまで約3時間半の「天体ショー」を全国で観測できるのは、20
…続きを読む »

着衣補助 新介護ロボットを開発!

介護が必要な高齢者や身体障害者の着衣動作を補助するロボットシステムを、奈良先端科学技術大学院大学の柴田智広・情報科学研究科准教授らのチームが開発し、24日報道陣に実演を公開しました。 →詳しくはこちら『YOMI
…続きを読む »

糖尿病、鼻の奥の神経幹細胞で改善…ラット実験で

鼻の奥にある、神経の元になる細胞を使って、糖尿病の症状を改善させることに、産業技術総合研究所などの国際チームがラットの実験で成功しました。人間への応用が期待されます。 →詳しくはこちら『YOMIURI ONLI
…続きを読む »

「光る猫」誕生…下村博士の研究を応用

米ミネソタ州のメイヨー・クリニックの研究者らが、蛍光たんぱく質の遺伝子を組み込んだ「光る猫」を誕生させました。 ノーベル化学賞を受賞された下村脩博士の研究を応用したものだそうです。 →詳しくはこちら『YOMIU
…続きを読む »

山崎直子さん:宇宙飛行士引退

宇宙飛行士の山崎直子さんが31日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)を同日付で退職、宇宙飛行士を引退したことを明らかにしました。 今後は、多くの人に宇宙を身近にする活動、教育に取り組まれるそうです。 →詳しくはこ
…続きを読む »

ペルセウス座流星群

2011年のペルセウス座流星群が最も多く流れるとされる極大時刻は、日本時間8月13日15時ごろと予報されています。残念ながら昼間の時間帯なので、観望するなら極大の直前にあたる8月12日深夜〜13日明け方と、極大の直後にあ
…続きを読む »

チンパンジーの脳、ゆっくり発達

チンパンジーの赤ちゃんは、精神機能をつかさどる「前頭前野」が、人間と同じように未熟な状態で生まれ、時間をかけて発達することを、京都大学霊長類研究所のチームが突き止めました。 ゆっくりと発達することで、環境に適応した神経回
…続きを読む »

首長竜、卵でなく赤ちゃん産んでた…

中生代の海を泳いでいた首長竜プレシオサウルスは、卵ではなく赤ちゃんを産んでいたことが化石から分かりました。 →詳しくはこちら『YOMIURI ONLINE』>ニュース>科学をご覧ください。
…続きを読む »

火星斜面に塩水流れた跡?…NASA発見

米航空宇宙局(NASA)は4日、火星の斜面に水が流れた跡のような暗い色の筋が現れたり消えたりしているのを見つけたと発表しました。 火星では極域で氷が見つかっていましたが、水は確認されておらず、これが水であれば、生命発見の
…続きを読む »

小笠原の小型カタツムリ:食べられても生きている!?

世界自然遺産の小笠原諸島で、小型のカタツムリは、小鳥に食べられても排せつされて生き延びていることを、東北大の千葉聡准教授らの研究チームが突き止めました。 →詳しくはこちら『毎日jp』>ニュースセレクト > サイエンス >
…続きを読む »

宇宙滞在日数、日本3位に…

日本の宇宙飛行士の宇宙滞在日数が24日で通算494日となり、ドイツを抜き、ロシア、米国に次ぐ世界第3位になりました。 →詳細はこちら『YOMIURI ONLINE』>ニュース>科学をご覧ください。
…続きを読む »

熱ストレス低減に街路樹が効果

街路に日陰をつくることで夏バテ防止に大きな効果があることが、環境省の調査で明らかになりました。 夏の歩行者の熱ストレスを軽減する方策を調べるため、オフィス街と住宅街とで歩行者を対象にアンケートを実施し、「暑くて不快と感じ
…続きを読む »

ボスに同情を―トップの座にいることのストレス

これまでのヒト以外の霊長類の研究では、安定した群れの序列上位のオスは下位のオスよりもストレスが少ない傾向にあるとされてきましたが、9年にわたる野生のヒヒのホルモンレベルの研究で、群れのトップにいることはこれまで考えられて
…続きを読む »

皆既月食の撮影を行いました!(4/4)

札幌では霧がかかってはいたものの、欠けはじめから終わりまで、すべての過程を楽しむことができました。
…続きを読む »

木星の撮影を行いました(2/28)

2月28日は、比較的大気の揺らぎが少なく、クリアに撮影することができました。木星の縞模様や大赤斑、周りを回る衛星が写っています。
…続きを読む »

ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)情報 [2月5日更新]

ラヴジョイ彗星(C/2014 Q2)の撮影を行いました。(2月5日画像追加)
…続きを読む »

[報告] 11月18日更新 太陽黒点

札幌市天文台にて、太陽の肉眼黒点を撮影しました。
…続きを読む »

[報告] 2014年10月8日 皆既月食の撮影を行いました

札幌では、月食の全過程を楽しむことができました!
…続きを読む »

おおぐま座M82 超新星(SN2014J)

1月下旬、おおぐま座のM82に超新星(SN2014J)が発見されましたので、当館の職員も撮影してみました。
…続きを読む »

【12月3日更新】ラヴジョイ彗星情報

2013年冬、夕方と明け方にラヴジョイ彗星(C/2013 R1)が見やすくなっています。12月3日現在4等級ほどで、双眼鏡を使えば街中でもぼんやりとした彗星像を確認できる明るさです。ただ市街地では街明かりの影響があるので
…続きを読む »

【11月30日更新】アイソン彗星情報

アイソン彗星(C/2012 S1)は、11月29日早朝(日本時間)の太陽最接近前に彗星核が崩壊し、大部分が蒸発してしまいました。ご覧いただくことが非常に難しい状況です。
…続きを読む »

ペルセウス座流星群の撮影を行いました(8/14画像追加)

8月12日の札幌は天候が悪く、流れ星があまり見られませんでしたが、市外へ足を伸ばし撮影してきました。
…続きを読む »



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445