脳ってどんなはたらきをするの?

カメラで撮影した写真には、立体感がありませんね。でも、ヒトは物を見て立体感を感じることができるし、音楽を聞いて、音の広がりや奥行きを感じることができます。

 

その秘密は「脳」にあります。脳は、思考、記憶、命令など、たくさんの仕事をこなすコンピュータのようなもので、五感からの情報も、すべて脳に送られ処理されているのです。

 

鉛筆を手に持って、右目と左目で交互に見てください。鉛筆の位置がずれて見えませんか。この右目からの情報と左目からの情報は別々に脳に送られますが、このずれを脳で処理し、形や奥行きを判断しています。耳も同じで、右耳と左耳とで感じる微妙な音の違いを脳で処理し、方向や距離を判断しているのです。

 

また脳は、視覚のみ・聴覚のみというようにひとつの感覚を処理するだけではなく、いくつかの感覚を処理し、それらを総合して判断しています。

 

目の前にミカンがあると、目でまず見て(視覚)、手にとり(触覚)、においを嗅いで(嗅覚)ミカンであることを確認して食べます(味覚)。もしそのミカンが、クニャっとしていたり、変なにおいや味がすれば、食べられないと判断しますね。

 

このように、ミカンを食べるという単純なことでも、脳は五感をフル活動させているのです。

 

 

《仮想の世界・・・バーチャルリアリティ》

ジェット機を操縦して、大空を自由自在に飛びまわる!カッコイイけど、普通の人はなかなかできないことですね。

 

しかし、バーチャル・リアリティ(VR:仮想現実)を利用すると、みなさんも簡単にパイロットになることができるんですよ。

 

このVRの世界では、大昔の時代に行くことも、ミクロのからだになって、ヒトの血管の中に入っていったりすることもできます。

 

それでは、VRとは、いったい何なのでしょうか。

 

VRというのは、五感に情報を送り、現実にはそこに存在しない世界を、ヒトの脳の中に作りだすことで、ゲーム機をはじめいろいろな分野に応用されてきています。

 

今後、さらにVRの技術が進み、よりリアルな体験ができるようになると、現実の世界と区別がつかなくなってしまうかも知れませんね。

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445