耳のはたらき?

音の正体を知っていますか。音は空気が振動したものです。この空気の振動を耳でキャッチすると音として聞こえます。このように、耳が空気の振動を音として感じることを「聴覚」といいます。

 

それでは、ヒトはどのように音を感じているのでしょうか。

 

空気の振動が耳に届くと、鼓膜が震えます。この震えはうずまき管に伝わりますが、低い音は管の奥の方で、高い音は管の入口で感じるのです。

 

このように、高い音と低い音を感じる部分がちがうため、ヒトはいろいろな音を聞き分けることができるのです。

 

みなさんは、飛行機に乗ったときや、車で峠に行ったときなどに、耳が聞こえにくくなったことはありませんか。

 

高い場所に行くと気圧が低くなり、鼓膜の内側の圧力の方が高くなります。すると、鼓膜が内側から押されてしまい、耳がキーンとなって音が聞こえにくくなってしまうのです。

 

これをなおすためには、鼓膜の内側と鼻の奥をつないでいる耳管が活躍します。ふだんは閉じていますが、物を飲み込んだりしたときに開き、耳の内側と外側の気圧を同じにするのです。

 

ですから、つばを飲み込んだり、あくびをすると、なおる場合が多いのです。

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 TEL:011-892-5001 FAX:011-894-5445