目のはたらき?

もしも、この世がまっくらだったら…何も見えなくて大変ですね。でも、実際には光があるので、ヒトはものを見ることができます。

 

このように、目で光を感じてものを見ることを「視覚」といいます。ヒトは外部からの情報の大部分を視覚から得ています。

 

目とカメラはよく似ていることを知っていますか。全然似ていないように思えますが、ものを見る(写す)しくみがそっくりなのです。

 

カメラでは、光の量をしぼりで調節します。そして、レンズで光を集めてフィルムに写します。

 

目では、光の量を虹彩で調節し、水晶体で光を集めて網膜に映すのです。

 

近くのものと遠くのものを同時に見てみましょう。どちらか片方がぼやけて見えますね。目もカメラも、写すものにピントを合わせないと、ぼやけて見えてしまうのです。

 

では、どうやってピントを合わせているのでしょうか。カメラでは、レンズを前後に動かし調整します。目は水晶体を前後に動かすことはできませんが、なんと厚さを変えるという方法を使うのです。そのため、目は一瞬のうちにピントを合わすことができるのです。

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445