呼吸のしくみは?

私たちはどうして呼吸をするのでしょうか。

 

みなさんは、酸素がないと燃えているロウソクの火が消えることや、物が燃えたあとに二酸化炭素が出てくることを知っていますね。

 

私たちのからだは、食べ物などの栄養を酸素で燃やし、エネルギーを取り出しています。ですから、二酸化炭素が出てくるのです。

 

つまり、生きていくために必要なエネルギーを取り出すために酸素を取り入れ、燃えかすとなった二酸化炭素をはき出すために呼吸をするのです。

 

私たちは1回の呼吸で400〜500mリットルの空気を吸い、1日に約3万回も呼吸をしています。また、運動をすると酸素を使う量が多くなるので、呼吸の回数はもっと多くなります。

 

口や鼻から入った空気は、気管を通って肺に入りますが、このとき肺の中では、一瞬のうちに空気の中の酸素を血液の中に取り入れ、いらなくなった二酸化炭素を出しています。

 

肺の中には、数の子1粒よりも小さな肺胞と呼ばれる袋が数億個もついていて、これを広げると畳30枚ぐらいの広さになります。

 

肺胞の表面にはこまかな血管がはりめぐらされていて、肺の中に入ってきた空気とふれやすくなっています。

 

肺には筋肉がないので、自らふくらんだり、縮んだりすることはできません。

 

では、どうやって息を吸ったり、吐いたりしているのでしょう。

 

この秘密は、肺にあるのではなく、肺を包んでいる胸腔や横隔膜にあります。

 

胸腔は、ろっ骨とその間をつなぐ筋肉に囲まれた肺を包むケースのようなもので、底には横隔膜のふたがしてあります。

 

横隔膜が縮んで下がると、胸腔がふくらみ、肺の中に空気が入って息を吸うことができます。

 

反対に横隔膜が伸びて上がると胸腔はしぼみ、肺の中の空気が出て息を吐くことができます。

 

横隔膜がケイレンを起こして、伸び縮みを繰り返すとシャックリになります。シャックリの世界記録は、なんと約8年間も続いたそうです。

 

 

《どうしてイビキがでるの?》

イビキの音が出るもとは、のどの奥にぶらさがっているノドチンコにあります(正しくは口蓋垂といいます)。

 

起きている時は何でもありませんが、疲れている時や大人の人がお酒を飲んだ後に眠ると、ノドチンコが緩んで空気の通路にふたをする格好になります。

 

このとき呼吸をすると、ノドチンコが震えてイビキになるのです。

 

疲れた時以外に、鼻が詰まって口から息をしてもイビキは出やすくなります。

 

イビキを止めるには、ノドチンコの位置をずらすことが一番なので、寝ている人の頭の向きや高さを変えると良いのです。

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 TEL:011-892-5001 FAX:011-894-5445