灯油ポンプのしくみは?

みなさんは、灯油を別のタンクに移しかえたり、大きな水そうの水をとりかえたことがありませんか。どうして入れ物を傾けずに、このように移しかえることができるのでしょう。

これは、「液体を高い方から低い方へ流したとき、長い時間たつと、2つの入れ物の水面の高さが同じになる」というしくみを応用したからです。このしくみをサイフォンといいます。

 

「サイフォン」のしくみを、こんな装置で考えてみましょう。左右に2つの水そうがあり、水で満たされた管でつながっています。右側の水そうは、上下にゆっくり動きます。

さて、左右の水そうに入った水の高さを比べてみることにしましょう。

右側の水そうが少しずつ動いても(水そうの高さが変わっても)水面はいつも同じ高さを保ちます。右側の水そうが上下に動いても、左右の水面の高さはいつも同じ。

つまり、水が水そうの間にある管を通り、両方の水が同じ高さになろうとして、高い方から低い方へ移っていくというわけです。

サイフォンを利用すると、入れ物の底に穴をあけないで水を出すことができるので便利です。

 

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445