パスカルの原理って何?

あなたは、1000kgの重さの象を持ち上げることができますか。

「長〜いシーソーの片方に象をのせて、もう片方に自分がのる・・・。」

それでも持ち上げることができるかもしれません。でもほかにもできる方法があるのです。

『小さな力を大きい力に変える方法』を考えてみましょう。

 

■ ショベルカーやフォークリフトが強い力を出すのは、

 (1)小さなシリンダーのピストンを、小さな力でおす。→

 (2)おされた油は、大きなシリンダーへ流れる。→

 (3)流れた油は大きなピストンを押し上げ、重い物を持ち上げる。

 

小さなピストンを、小さな力でおすと、大きなピストンでは、大きな力になっているのです。

 

では、なぜこのようなことが起こるのでしょう。水を入れたビニール袋で確かめてみましょう。

水がびっしり入ったビニール袋のまわりに、たくさん穴をあけて手でおしてみました。すると、水は、どの穴からも同じいきおいで出てきます。

 

水のような液体をとじこめて、どこか一部に力をかけると、その力は入れ物のすべての場所に同じ大きさではたらきます。このような性質をパスカルの原理といいます。

 

これでもう、あなたは1OO0kgの象でも、持ち上げることができるのです。

このように小さな力で、大きな物を持ち上げるしくみは、ダンプカー、ショベルカーなど、いろいろなところで利用されています。

 

《パスカル》

(1623〜1662)フランスの哲学者、数学者、物理学者。液体の圧力に関するパスカルの原理を発見し、数学ではパスカルの三角形などすぐれた論文を残した。

 

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445