オームの法則とは?

電気の流れは、水の流れにとてもよく似ています。乾電池に豆電球をつないで点灯させてみましょう。

導線の中を電気が水のように流れて、豆電球を点灯させるのです。この電気の流れを電流といい、その量をアンペア(A)で表します。電池を2個にすると、1個のときより明るく点灯します。

これは、水を高い所から流すと、勢いよくたくさんの水が流れるのと同じで、電流を流そうとする力が強くなって、電流がたくさん流れるようになるからです。このように電流を流そうとする力のことを電圧といい、その大きさをボルト(V)で表します。ふつうの乾電池は、1個で1.5ボルトあります。

水の流れでは、ホースが細かったり、途中で折れたりして流れが悪くなることがあります。電気でも電気の流れをさまたげるはたらきをするものがあります。これを抵抗といい、その大きさをオーム(Ω)で表します。

同じ電圧(電池1個)で豆電球を点灯させると、1個より2個の方が暗くなります。これは、豆電球が抵抗となり、2個の方が少ない電流しか流れていないからです。

電流・電圧・抵抗の間には、電圧を大きくすると電流が大きくなり、抵抗が大きくなるほど電流が小さくなるという関係があります。

このことは、1827年にドイツのオームによって発見され、オームの法則と呼ばれています。

〔オームの法則〕 電圧(V) = 電流(A)×抵抗(Ω)

 

《オーム》

(1787〜1854) ゲオルグ・シモン・オームはドイツの物理学者で、「オームの法則」のほか、音響の感覚に関する研究で「オーム・ヘルムホルツの法則」をうちたてました。この他にも光学に関する研究があります。

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445 E-mail:info@ssc.slp.or.jp


3316