電波ってどうやってとばすの?

同じ振動数の2つの音叉をはなして置きます。一方の音叉をならすと、もう一つも鳴りはじめるのがわかります。

これは、はじめに鳴らした音叉の振動が空気中を伝わっていき、もう一つの音叉をゆり動かすからです。このことを共鳴とよびます。

これは、空気中を伝わる音波でおこる現象です。電波ではこの共鳴という現象がおこらないのでしょうか。

 

ヘルツは、2つの放電球(a)のあいだに火花放電をおこしてみました。

すると、別に作ったすきまのある金属棒の輪(b)に、小さな火花がとぶのが見られたのです。

 

これは(a)でおきた振動数と(b)の振動数が同じになって、共鳴をおこしたものと考えられます、そして(a)で火花がとぶとき(b)にも火花がとぶのは、放電球から何かが出て、金属棒の輪にはたらきをおこしたからと考えられます。

放電球から発生したものを電磁波とよんでいます。

ただし、電磁波は音波とは違い空気のような媒質を必要としないため、真空中も伝わっていきます。

 

 

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445