電波はだれが発見したの?

電波は光と同じく電磁波とよばれる波の一種で、1秒間に30万kmの速さで進みますが、このことがわかったのは19世紀も終わりになってからのことです。

電波は、人間がはじめてつくり出したものではなく、もともと自然界にもありました。電気を放電して起こる雷も電波をだします。また宇宙の星の中には、電波を出す星もあります。

19世紀の中ごろになって、電気を放電したり雷が落ちた時に、遠くまで影響をおよぼす力(電波)があることが発見されました。そのころは、まだ身近な光についてもよくわかっていなかったので、いろいろな人がその正体をさぐろうとしていました。

1864年イギリスのマクスウェルは、電波も光も同じ電磁波の一種であり、速度が等しいことを理論的に証明しました。

1888年ドイツのヘルツは、マクスウェル理論を実験で確かめ、電波が本当に存在すること、光と同じく反射、屈折する性質があることをつきとめました。(ヘルツの実験)

その後発見されたX線やγ線も、光より波長の短い放射線と呼ばれる電磁波の一種です。

電波の発見からわずかのうちに、電波は無線通信に利用されるようになり、ラジオやテレビ放送、レーダーなどに発展していったのです。

 

《電磁波》

「電磁波」という正式な呼び方は、電界と磁界の波、あるいは電気力線と磁力線の波ということを正しくいい表した学問上の呼び方です。

しかし、波長が異なると波としての性質は非常に変化するため、電磁波の呼び方は歴史上の事情もあってバラエティに富んでいます。波長の長い方から「電波」、「光」、「放射線」があり、電波の中もこまかくわかれていて、その用途もさまざまです。

 

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 TEL:011-892-5001 FAX:011-894-5445