楽器ってどうして音が出るの?

楽器はいろいろな美しい音を出して、私たちを楽しませてくれます。このような音はいったいどのようなしくみで出てくるのでしょうか。

楽器には大きく分けて、打楽器・弦楽器・管楽器の3種類があります。

たいこなどの打楽器では、たたいた膜がふるえて、その振動が空気に伝わって音になります。

弦楽器は、ピンとはった弦を振動させて音を出す楽器です。ピアノもかたい弦をたたいて音を出すので、弦楽器にふくめられ、弦の長さや太さのちがいで音の高低を変えます。

ふえなどの管楽器では、息をふきこんで空気のうずを作り、筒の中の空気を振動させて音を出します。パイプの長さが短いほど高い音が出ます。

 

 

 



…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445