科学の質問箱

森や林がどんどん無くなっているの? [生命と環境について]

熱帯雨林とは、アマゾンや東南アジアなどの暑くて雨の多い気候の地域に、長い年月をかけて自然に育った森林のことです。   熱帯雨林は、地球の陸地の1割にも満たない面積しかありませんが、生物の半分以上の種類がここに生
…続きを読む »

オゾン層が破壊されているって本当? [生命と環境について]

太陽からの有害な紫外線を、地上に届かないようにさえぎる役目をしている「オゾン層」がどんどん薄くなってきています。   冷蔵庫やエアコン、スプレーなどに使われていた「フロン」という物質が、オゾン層をどんどんこわし
…続きを読む »

酸性雨って何? [生命と環境について]

自動車の排気ガスや工場の煙に含まれている有害な「硫黄酸化物」や「窒素酸化物」のガスが原因となり、雨に溶けて強い酸性の雨が降る現象を「酸性雨」といいます。   ヨーロッパや北アメリカでは酸性雨によって木が枯れたり
…続きを読む »

地球温暖化とは? [生命と環境について]

空気中の二酸化炭素などは、太陽で暖められた地球の熱を宇宙ににがさないはたらきをしています。そのおかげで地球は適当な温度に保たれています。   しかし、産業革命以降、人間が石炭や石油などを大量に使いだしてから、空
…続きを読む »

生態系って何? [生命と環境について]

生物どうしのつながりと、それをとりまく環境を、一つのまとまりとしてみたものを生態系と言います。   地球上に生きるたくさんの生物たちは、おたがいが密接に関わり合い、さらに生物をとりまいている環境とも調和し、バラ
…続きを読む »

地球上の物質循環とは? [生命と環境について]

生物は、食べたり食べられたり、という関係だけではなく、光・水・空気などの生物をとりまく環境とも密接な関わりをもっています。   植物は、空気から二酸化炭素を、土からは水分や養分などの無機物を取り入れ、太陽の光を
…続きを読む »

食物連鎖って何? [生命と環境について]

  自然の中で、生き物たちは何を食べて生きているのでしょうか。   バッタは草を食べて生きています。そしてカエルがバッタを食べます。さらにヘビがカエルを食べ、そのヘビはフクロウに食べられます。 &nb
…続きを読む »

環境によって生物が変わるの? [生命と環境について]

1859年、イギリスのダーウィンは「すべての生物は、同じ種でも少しずつ違った形や性質を持ったものが生まれるが、生活に有利な、最も良く環境に適応した個体が生き残り、多くの子孫を残していく。やがて長い年月をかけて、もとの種と
…続きを読む »

新生代にはどんな生物がいたの? [生命と環境について]

今から約6千5百万年前、それまで栄えていたアンモナイトや恐竜などが突然絶滅しました。大陸・海洋の分布が大幅に変わったこと、巨大いん石が落ちたことなどによる気候の変化が原因と言われています。   恐竜や大型の爬虫
…続きを読む »

中生代にはどんな生物がいたの? [生命と環境について]

約2億4千万年前、地球の環境が変わり始めました。平均気温が高くなり、大陸上にあった氷河が急激にとけて海面も高くなったのでなこのとき海へ大量の冷たい水が流れ込み、それまで浅瀬で栄えていた三葉虫などは急速に滅んでいきました。
…続きを読む »

古生代にはどんな生物がいたの? [生命と環境について]

約5億7千万年前、それまでとは違った、かたい殻や骨などを持つ生物が現れ、種類も急にふえて海の世界は大きく変わりました。   海の中で生物が急速な進化をとげたこの時代を古生代と呼んでいます。   この頃
…続きを読む »

進化って何? [生命と環境について]

生物は、長い年月にわたって世代交代を続けるうちに、しだいにその姿や形が変わってきて、いつの間にか、もとの種とはまったく別な生き物に変わってしまうことがあります。   これを進化と呼んでいます。   3
…続きを読む »

最初の生命はどこで生まれたの? [生命と環境について]

地球の誕生から10億年の歳月が流れた今から36億年前ごろ、地球最初の生命がこの原始の海の中で誕生したのです。   私たちをはじめ生物のからだの大部分は、水素(H)・酸素(O)・炭素(C)・窒素(N)の4種類の元
…続きを読む »

地球ができたのはいつ? [生命と環境について]

地球の誕生、それは今から46億年前のことです。宇宙の始まりからすでに100億年あまりが経っていました。   生まれたばかりの地球は、どんな状況だったのか見てみましょう。   およそ46億年前、太陽系で
…続きを読む »

親から似た子どもが生まれるのはなぜ? [生命と環境について]

(1)エンドウ豆がこのナゾを解いた—メンデルの法則 みなさんは、“お父さんにそっくりだね"とか“お母さんにウリ二つだね”と言われたことはありませんか。親と子は、顔
…続きを読む »

どうやって仲間をふやすの? [生命と環境について]

生物は、限られた時間しか生きることができません。しかし、生物は生殖という営みによって子孫を残し、なかまをふやしていきます。   親から子へ、生命はどのようなしくみでうけつがれていくのでしょうか。  
…続きを読む »

生命ってなんだろう? [生命と環境について]

みなさんは、あるものを見て、それが生きているかないかをどうやって見分けますか。 それを見分けるためには、いくつかの条件が必要です。   たとえば、チューリップの球根はどうでしょうか。土に植えると、葉や茎をのばし
…続きを読む »

血液の流れるしくみは? [人体について]

私たちのからだの中には血液が流れています。どうして血液が必要なのでしょうか。   血液は、私たちが生きていくために必要な酸素や栄養をからだ中に送り、いらなくなった二酸化炭素や古くなった細胞を運び出しています。
…続きを読む »

呼吸のしくみは? [人体について]

私たちはどうして呼吸をするのでしょうか。   みなさんは、酸素がないと燃えているロウソクの火が消えることや、物が燃えたあとに二酸化炭素が出てくることを知っていますね。   私たちのからだは、食べ物など
…続きを読む »

食べたものは体の中でどうなるの? [人体について]

みなさんは、おなかがすいた時、おなかが『グー』と鳴ったことがありますね。みなさんが「お腹の虫」と言っているものです。この音は、胃の中にたまった空気の音です。食べ物を見たり、おいしいにおいなどの刺激を受けると、胃が大きく動
…続きを読む »

筋肉ってどんなはたらきをするの? [人体について]

ヒトの筋肉は大人で500本以上あります。腕、足などそれぞれの目的に応じた伸び縮みを行い、骨を自由自在に動かしています。それとは違い内臓などをつくる筋肉は、意志とは関係なく動きます。このように筋肉は随意筋と不随意筋の2つに
…続きを読む »

人間には骨が何個あるの? [人体について]

みなさんはヒトの骨が全部で何個からできているか知っていますか。 全部で206個もあるのです。   骨はどのようなつくりになっているのでしょう。骨は、ビルなどに使っている鉄筋コンクリートにたとえることができます。
…続きを読む »

反射って何? [人体について]

感覚器から受けた情報は、脳へ伝えられ処理されます。では、情報のルートはどうなっているのでしょうか。寒い部屋に入ったときを考えてみましょう。   部屋に入ると、寒さ(冷たさ)を皮膚が感じ、その情報が感覚神経を通っ
…続きを読む »

脳ってどんなはたらきをするの? [人体について]

カメラで撮影した写真には、立体感がありませんね。でも、ヒトは物を見て立体感を感じることができるし、音楽を聞いて、音の広がりや奥行きを感じることができます。   その秘密は「脳」にあります。脳は、思考、記憶、命令
…続きを読む »

皮膚のはたらき? [人体について]

みなさんは、お湯に手を入れると「熱い」と感じ、けがをすると「痛い」と感じますね。このように、手でふれたり、肌で感じることを「触覚」といいます。   皮膚には、感触・力・痛さ・温かさ・冷たさの5種類の刺激を感じる
…続きを読む »

舌のはたらき? [人体について]

  ケーキは甘くておいしいですね。この、「甘い」とか「苦い」などの味を、舌で感じることを「味覚」といいます。   舌の表面をさわってみて下さい。ざらざらしていませんか。このざらざらを乳頭といい、へこん
…続きを読む »

鼻のはたらき? [人体について]

風邪をひいたとき、鼻がつまって、においがわからなくなることがありますね。ふだん気にすることはありませんが、ヒトはいつも鼻でにおいを嗅いでいるのです。この、鼻でにおいを感じることを「嗅覚」といいます。   におい
…続きを読む »

耳のはたらき? [人体について]

音の正体を知っていますか。音は空気が振動したものです。この空気の振動を耳でキャッチすると音として聞こえます。このように、耳が空気の振動を音として感じることを「聴覚」といいます。   それでは、ヒトはどのように音
…続きを読む »

目のはたらき? [人体について]

もしも、この世がまっくらだったら…何も見えなくて大変ですね。でも、実際には光があるので、ヒトはものを見ることができます。   このように、目で光を感じてものを見ることを「視覚」といいます。ヒトは外
…続きを読む »

五感って何? [人体について]

  みなさんは「五感」ということばを知っていますか。   何かを感じることを感覚といいます。感覚には、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚(皮膚感覚)の5種類があるので、「五感」と呼んでいます。五感を感じる部
…続きを読む »

電子顕微鏡って何だろう [顕微鏡について]

直接人間の目で判別できない小さい物を見るのに、光学顕微鏡を使いますが、どんなに精度の高いレンズを組み合わせても、その拡大能力には限界があります。それは、光を使っているため、光の波長より短いものを観察すると、光が回りこんで
…続きを読む »

顕微鏡のしくみはどうなっているの? [顕微鏡について]

  みなさんは、ルーぺ(虫めがね)で昆虫や花などを見たことがありますか?ルーペで見ると、物は拡大されて見やすくなりますね。   しかし、昆虫の足や花粉、ゾウリムシやミドリムシなどの小さい生き物は、ルー
…続きを読む »

液晶ってどんなもの? [化学が作る新素材について]

物質には、「固体・液体・気体」の3つの状態があることを知っていますね。   一般に物質の温度を上げていくと   固体→液体、液体→気体へと変化していきます。   しかし、
…続きを読む »

めかくしガラスってどんなもの? [化学が作る新素材について]

見える!見えない!こりゃなんだ!?   スイッチを入れたり、切ったりするだけで、透明から不透明へ・不透明から透明へと自由に変化する不思議なガラスが開発されました。   その名も瞬間調光ガラスといいます
…続きを読む »

プラスチックが話したり、動いたりするって本当? [化学が作る新素材について]

  一枚のペラペラのプラスチックフィルムから音楽が流れてくる。   「スピーカーといえば四角い箱」と思いがちですが、こんな一風変わった平面スピーカーも現在は出まわっています。   このプラス
…続きを読む »

はずまないボールって本当にあるの? [化学が作る新素材について]

ボールははずむものといった常識をやぶり、最近まったくはねないゴムボールがおもちゃ店などで売られています。   はね返る力(反発力)が非常に小さい衝撃吸収ゴムという、新しく開発されたゴム材料で作られたボールです。
…続きを読む »

形を覚えている金属って本当にあるの? [化学が作る新素材について]

  「タネもしかけもありません」科学館のおねえさんは実験台の引き出しから大きさ5cmほどのバネを取り出しました。 そのバネを手でまっすぐに引き伸ばし、お湯の中に少しずつ入れていくと・・・・・・。  
…続きを読む »

衛星放送って何? [通信・放送について]

テレビ放送の電波は波長が短い(周波数が高い)ため、直進性が強く、障害物があると電波がさえぎられてしまいます。そのため、テレビ放送の中継所がたくさん必要ですし、また、山の中や離島などでは、どうしても受信ができない所ができて
…続きを読む »

ハイビジョンってどんなもの? [通信・放送について]

最近、ハイビジョンと呼ばれる新しい方法のテレビ放送がはじまりました。   一般のテレビは、走査線が525本もありますが、それでも写真や映画などと比べると細かい字などは判別することができません。   み
…続きを読む »

テレビはどうして映るの? [通信・放送について]

わたしたちが見ているテレビのブラウン管の映像は、映画の画面のように、ある瞬間に画面の全体が映し出されているのではなく、じつは、小さな光の点が、強く光ったり、弱く光ったりしながらブラウン管の画面上を動き、1枚の画を描きます
…続きを読む »

ページ 1 / 41234


…さらにチェック!


札幌市青少年科学館 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 電話:011-892-5001 ファクス:011-894-5445